ホーム » 一般のみなさまへ » 退職者医療制度とは?

退職者医療制度とは?

退職者医療制度

 退職者医療制度は平成26年度末で廃止されましたが、それまで退職被保険者だった人が65歳になるまでの間は経過措置で、平成27年度以降も退職者医療制度の対象となります。
※退職者医療制度とは、会社などを退職して国保に加入した人が年金受給者となったときに適用される制度です。

対象となる人

 平成27年3月末時点で、次の3つすべてに該当する人(退職被扶養者)とその被扶養者

  1. 国保に加入している人
  2. 65歳未満の人
  3. 厚生年金や各種共済組合などの年金を受けている人で、加入期間が20年以上、もしくは40歳以降に10年以上ある人

手続き

 該当と思われる人には、お住まいの国保の担当窓口等でご案内いたします。
 年金証書、被保険者証、印かんをお持ちください。

医療費の負担割合

 医療を受けるときは、「国民健康保険退職者被保険者証」を医療機関の窓口に提出します。
 一部負担金の割合は次のとおりです。

本人
(退職被保険者)
外来・入院
3割
家族
(被扶養者)
外来・入院
3割
義務教育就学前は2割