ホーム » 一般のみなさまへ » 介護サービスの利用手順

介護サービスの利用手順

介護サービスの利用手順

1.申請

 介護が必要になった場合、本人や家族の方が、市町村の担当窓口で申請を行います。

2.調査

 市町村の調査員が自宅等を訪問し、利用される方の身体状況や日常生活の様子等を調査します。

3.審査

 コンピュータによる一次判定の結果、主治医の意見書等から、市町村の介護認定審査会で要介護度を判定します。

4.認定「要介護認定」

 市町村が、要介護度(要介護1~5又は要支援)を認定します。(原則として、申請日から30日以内)

5.「介護サービス計画」の作成

 要介護度の認定を受けたら、どんなサービスをどのように利用する等のサービス計画を作成します。

6.介護サービスの利用

 介護サービス計画に基づいて介護サービスを利用します。利用料として、費用の1割(原則)を介護サービス事業者に支払います。

7.更新・変更の申請

 認定の有効期間は、原則6ヶ月間ですので、サービスを継続する場合は、更新の申請をします。
 認定の期間中に心身の状況が変化した場合は、認定の変更申請をする事ができます。