ホーム » 一般のみなさまへ » 特定健康診査・特定保健指導制度

特定健康診査・特定保健指導制度

特定健康診査・特定保健指導とは

 糖尿病・高脂血症・高血圧などの生活習慣病発症の原因となる内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)に着目した健診を行うことで、生活習慣病の発症のリスクのある方を早期に発見いたします。
 糖尿病等の生活習慣病の発症リスクが高い方に保健指導を行うことで、生活習慣病の発病予防や重症化を防ぐことを目的としております。

対象者

 40歳~74歳の医療保険加入者 (年度途中で75歳になる方も含みます)
  ※65歳以上の方で、後期高齢者医療に加入されている方を除く

実施主体

 医療保険者
  ※県内国民健康保険者(市町)の健診日程は、栃木県のホームページより閲覧することができます。